頑張れKさん

e0325357_21471293.jpg
2年前の私の初作品展に来てくださり その後 自宅まで来てくださって 作品を見ていただいたり おしゃべりをして 私の木彫りをしたテーブルが欲しいと 注文してくださいました。もちろん私はテーブルはできません。私の師匠ともいえる方にテーブルをお願いしました。今となっては貴重な桂材を使って とても気品のあるテーブルになりました。私の稚拙な彫りなんかいれないほうがいいくらいです。

実はエピソードがあります。この注文をくださった方は 私より10歳上で 仕事を60歳でリタイヤされたのちに山登りに挑戦され 65歳からパソコン教室に通われ そして昨年は自宅のお庭を手入れして精魂込めてバラ園にして お庭を解放して多くの皆様に見ていただいたそうです。なんでもどんどん突き進むタイプの方のようです。しかし今年の夏から 体調を崩し 滅入っておられました。来年は手術を受けるつもりだそうです。しかし 今まで心臓の手術で胸には17針の傷があり 腹部には 子宮の手術で10針くらい縫い跡があるそうです。肋骨には開胸手術で骨組には金属がいっぱい使ってあるそうです。 なんで この年になって 体の後ろ側まで切らなければいけないの? それも完治するかどうかわからない なんで自分だけこんな目にあうのだろうか・・・・と   を聞いていると ビックリで つらい感じなのですが いろんな気持ちを いっぱい話されていても暗くないのです。前向きなのです。また 元気になろうという気持ちがかんじられました。
ご縁があって 素敵な方のところへ お嫁に行ってくれて嬉しいです。頑張れ Kさん

[PR]

by mariko0207h | 2017-12-12 22:22 | 木彫り