<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小笠原ひとり旅 その7

e0325357_19454555.jpg

今回の旅の挑戦は 一人で旅に出ることでしたが もう一つ山にこだわらないということです。 
で せっかく海に来たんだし こんなきれいな海だもん 水遊びをしなきゃと 思いました。私 泳げます。

でも 今回は カヤックとかいうものに乗ってみようかと思いました。

初めです。オールの持ち方 漕ぎ方を教わり いでたちよろしく 海に漕ぎ出しました。初めてですので 二人乗りです。
風もが少なく穏やかな内海だったので 焦ることもなく楽しむことができました。カヌーとカヌーを接近させて 海底を見たらとてもきれいでした。
右へ 左へと 漕いで 沈没船のある内海までいき みんなでお茶をしました。

短時間だったけど 楽しかった。体の軸がぶれないから 今度は一人でも大丈夫といわれて 嬉しいです。

漕いでいる写真がまだ届かなくて ごめんなさい。
e0325357_19445750.jpg


[PR]

by mariko0207h | 2018-02-28 19:50 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その6

e0325357_20463351.jpg
e0325357_20450805.jpg

e0325357_20435731.jpg
小笠原は世界自然遺産になっているので 森に入るのは厳重注意です。外部の者をできるだけ入れないために 靴底を 洗ったのち酢を噴霧して殺菌します。小笠原に上陸したときもそうでした。そして 勝手に森には入れません ガイドと一緒に入ります。

前にも書きましたが ムニン・・・と言う固有種が多いのですが こんな冬の時期に見られることは期待していませんでしたが けっこうありました。ムニンシラガコケ オオハマボウフウ ケッチグサ マルハチ ムニンアオガンピ アサヒエビネ シマウツボ タコの木 ハカラメ そのエピソードを聞いているだけでも楽しいです。
小笠原諸島は地質の歴史として本土より1000万年以上古く 土はもう古くなって瘦せて 保水能力もないし そういう事情の上で育つ植物しかなく 熱帯雨林ではない。川には 動物は少ないし 土地がやせている 海も濁らない 漁獲量も少ないみたい(でも 採算は取れていて 黒字漁港だそうだ)糸みたいな滝 水たまりみたいな小川です。赤い土が多いのは瘦せているからだそうです。

ハートロックというところまで トレッキングしました。アップダウンというほどもなく淡々と 歩きました。途中で原種のヤギに出会ったり 戦争の傷跡の話を聞いたり 先住民がいたとかいうガジュマルに覆われた住居跡などなど 訪ねながら 往復10キロくらいかな なかなかいい トレッキングでした。

[PR]

by mariko0207h | 2018-02-24 21:02 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その5

e0325357_20232248.jpg
e0325357_20452135.jpg
今日は 小笠原丸の船旅のことを 書きますね。
東京湾竹芝ふ頭から 伊豆諸島を越えて 約100㎞ 24時間かかって 小笠原父島に着きます。

以前船に乗って島に渡ったことがあるから 私は大丈夫と思っていました。
行きのはじめのころは 船旅を楽しめていた。本を読んだり デッキに出たり ウオークマンを聞いたり・・・

11時に乗船して お昼は軽く 持参のサンドイッチをいただき 夕食は レストランでと楽しみにしていたが 夕方ごろから 船酔いが始まった。
でも あまり空腹も良くないのかなと思って レストランに行ってみた。が とてもじゃアないけど 食べることができませんでした。お客さんの中には お酒を飲んでいる人もいる。信じられない光景だ。後で聞いたら 島の人で 乗り慣れているから 船酔いするくらいなら 酒に酔っちゃえって!!だそうです。どうにか 小笠原に着いて 元気も残っていたようで 到着してからすぐに 小笠原島内観光も出来ました。

帰りは15時30分に乗船です。私ばかりではない 他の人も 速攻 横になって寝ていた。行きの船で学習したのだろう 大方の人が寝ていた。
それも 朝になっても 寝てられるというか 起きることができない 立つと気持ち悪くなるから。24時間はキツイ。胃袋が 無限大 ∞ マークのごとく いやもっと上に 横に引っ張られたかと思うと ストンと下に落とされる。はじめは 胃も対応できていたが・・・ ゴウオー ガガガ グウオー
の音響効果もあって ひたすらに キツイ!!

自宅に帰っても 体調悪くでも 動けないわけでない。小笠原へ行くのは 体力がいるなあって痛感しました。でも 1週間もすると また 行きたいなって 思ってます。

緊急のために ヘリなどが 行き来できることは必要だけど 船旅だからこそ 守られているものも多いし 旅も格別になるのだと思う。
小笠原はこのままでいて欲しい。 


[PR]

by mariko0207h | 2018-02-20 20:47 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その4

e0325357_20221868.jpg
小笠原からコーヒーが届きました。

じつは小笠原で注文してきたのです。
すっごく高いんだけど 無農薬栽培だし 栽培している所にお邪魔して すっかり気に入ってしまいました。

船便ではるか あんなに遠くから届いたと思うと いとおしいです。

コーヒーとはちみつは 日本初上陸は 小笠原だそうです。

焙煎も丁寧な様子です。明朝 いただきます。楽しみです。

[PR]

by mariko0207h | 2018-02-19 20:23 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その3

e0325357_20262505.jpg
小笠原は何といっても海です。

白い海岸が 島のあちこちに数多くあります。船に乗ってくる人が限られているので プライベートビーチになるのも珍しくない。

青い空と 白いビーチ 回りは人工物がなく 素敵なビーチです。

小笠原について思った最初の印象は 塩臭くない 魚臭くない きたなくないのです。ほんとに きれいです。
 
小笠原の海は ボニンブルーというそうです。無人 BUNIN が 間違えて印字されてしまい BONINになったとのこと。ローマ字のUがOになってしまったのです。

青い空と白い砂浜 まるで 絵画をみてるようです。ハワイに行った事ないけど きっとハワイよりいいに違いない。

今回は 私は行かなかったけど ホエールウォッチングのために来た人が多くいらっしゃったようです。今はザトウクジラが島のすぐそばまでやってきていました。私は 島の高台から 何度も鯨の潮吹きを見ることができました。

e0325357_20254904.jpg

[PR]

by mariko0207h | 2018-02-19 20:15 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その2

e0325357_21364609.jpg

e0325357_21360641.jpg
これは 戦争の後です。小笠原の森の中には こういったものがいっぱい残っています。トラック 弾薬庫 防空壕 海は沈みかけ船がまだ残っている、 兵隊さんの食器までも。

まだつい最近のことかのように 戦争の傷跡が 残っています。今も年に1度くらいは 不発弾がみつかるそうです。硫黄島の悲惨さは映画にもなったけれど  地上戦がなかった小笠原も 本土を守るために 戦ったんだと思うと なんともやりきれない気持ちになります。

今年は返還50年だそうです。日本は平和だけど 忘れてはいけないことがあるんだと 思い知らされました。

[PR]

by mariko0207h | 2018-02-15 16:27 | 山と遊ぶ

小笠原ひとり旅 その1





e0325357_16131082.jpg
e0325357_16113216.jpg

小笠原は 海洋島といって 今まで1度も大陸とつながったことのない島のことだそうです
ということは 固有種が多いので 世界自然遺産に選ばれたそうです。

砂浜でお弁当を食べてるとイソヒヨドリが 興味深そうにして回りをウロチョロ。森の中で ウグイスがやってきて こちらに挨拶してるかのようにウロウロしてます。 カメラを構えてもずっとそばにいてくれました。普通 人の気配がすると鳥は逃げると思ってたけど... クマもいない、タヌキやキツネもいない ヘビもいない、サルもリスもいないので 動物たちものんびりできるらしく
 ホーホケキョと 上手に鳴けなくても 下手くそのままで お相手が見つかるらしく 上手に鳴くを努力をしないそうだ.
 平和だ! 
外敵がいないから 大きくなる必要がないらしい 競争もしなくてもいいらしく アメンボウも小さいし 小鳥も派手にならなくてもいいらしい。
アカガシラカラスハトいう鳩は絶滅危惧種で保護されているのだが 野猫 野ヤギが卵やハトを襲うらしい。その対策が 優しいではないか 野猫は確保したら 町の野猫ポストに入れておけば 都が飼育しなおして里親を見つけるというなんと暖かい処置だろう。やぎも 次第に数が減ってきてるという。
暖かいところだから 真っ赤な花とかをイメージしていたが 違った。小笠原の固有種は 白い小さな花が多いらしい。
植物も 目立たなくても 必要な分だけ受粉してくれるから 派手な色は少なく 大きくなるエネルギーは 葉っぱにいって成長するとのこと。
固有種はムニン・・・とつくのが多いのは 無人島の無人がもじって ムニン・・・ だそうですよ。

平和だ!!‼

人口は2000人くらいだから 何をしても 隠せないので 犯罪もないみたい。平和だ。
 
みんな 明るいし 温かい 癒されるう‼

[PR]

by mariko0207h | 2018-02-12 21:02 | 山と遊ぶ

小笠原に

e0325357_18405523.jpg
もうすぐ出発です。おがさわら丸に乗って 暖かい小笠原 父島に行ってきます。
[PR]

by mariko0207h | 2018-02-07 10:29 | 山と遊ぶ